生活費が足りない時やお金がほしい時ってどうすればよい?

MENU

生活費が足りない時や、お金がほしい時にはどんな方法がある?

 

私達が何不自由無く暮らしていくためにはどうしてもお金が必要であり、日常生活の中では様々な支払いが発生します。

 

食費や雑費、家賃、交際費などの生活費はもちろんのこと、電気屋ガスなどの光熱費、万が一の時には医療費、子供がいる場合には教育費や小遣いといった放っておくことの出来ない出費が多くあります。

 

他にも最近ではスマホの高い通信料で携帯代が上がってしまうケースも多いですし、自動車や住宅のローンなど、家計を圧迫するような支払いがあります。

 

主人・旦那の給料の範囲内で貯金が出来るほど経済的余裕があれば問題無いかと思いますが、現在の不景気な世の中、そう余裕のある生活を送っているご家庭は少ないかと思います。

 

もし生活費が足りなくて、どうしてもお金が必要になった時には、今の生活に支障を与えない程度に最低限のキャッシングがオススメです。

 

消費者金融や銀行系カードローンを利用することで、即日にお金を借りることができ、融資金の利用用途は自由ですので、様々な生活費として使うことが出来ます。

 

満20歳以上で安定収入があれば審査の上借り入れ可能で、正社員ではない派遣社員、契約社員、アルバイト、パートなどでも問題ありません。

 

大手消費者金融では、専業主婦の利用は出来ませんが、イオン銀行カードローンなど一部の銀行系カードローンの中には配偶者の収入が安定していれば専業主婦でも借入が出来るタイプもありますので、もしもの時には申込みをしてみてください。

 

残念ながらカードローンの審査で融資不可と判断されてしまった場合には、また別の方法を探さなければいけません。

 

そこで中小の消費者金融や違法の闇金業者を利用してしまう方もいらっしゃるようですが、中小は知名度が低く不安ですし、闇金業者の利用は人生を狂わせてしまうことになります。

 

ですので大手カードローンで断られた場合には、家にあるものをリサイクルショップなどで売ったり、節約や出費を見直すなどから始めるようにしましょう。